2019年06月16日

新とっておきの花 梅雨F ハンゲショウ(半化粧) 2019.06.16

ハンゲショウ ハンゲショウ
ハンゲショウ(半化粧)別称:片白草(カタシログサ) ドクダミ科ハンゲショウ属
水辺の湿地に咲く花、花は白く変色した葉の節から伸びた花弁の無い穂状の白いものを指します。垂れて観えますね。花時に白く変色した葉に依って虫を集め、花粉媒介をしてもらいます。葉が白粉(おしろい)で化粧をしたようですので、半化粧の名になりました。片白草の名も同様の意味です。

二十四節気の半夏生とは時期も近い事から、この花と誤解されていますが、それは全くの誤りです。二十四節気の半夏生とはカラスビシャク(半夏)が生える事をい言います。
posted by 三上和伸 at 15:12| 新・とっておきの花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする