2019年06月20日

私の歳時記 今日は難民の日 2019.06.20

今日は世界難民の日だそうです。難民、日本では馴染みが無い話ですが、世界中には難民が溢れています。政治・宗教に依って身に危険が迫る国や地域があり、命や生活を護るために、国外へ逃亡しなければならない人民が多くいるのです。それが難民です。何と不幸な事でしょうか。

1974年の6月20日に「アフリカ統一機構難民条約」が発行し、この日が「アフリカ難民の日」とされ、2000年12月に国連が「世界難民の日」と改称したのだそうです。

国際条約では難民を「人種、宗教、国籍、政治的意見や特定の社会集団に属するなどの理由で、自国にいると迫害を受けるか、迫害を受ける恐れがあるために他国に逃れた人々」と定義しているそうです。

世界には現在2,600万人の難民が存在しているそうで、その半数は子供だそうです。難民の数は630万人のシリア始め、アフガニスタン、南スーダン、ミャンマー、ソマリアなどが多く、その受入国は、トルコ(348万人)を始め、パキスタン、ウガンダ、イラン、レバノンらが続きます。しかし、これらの受け入れ国も次第に国境封鎖を始めるようになり、難民は窮地に追いやられているそうです。

ヨーロッパ地域も難民受け入れで多くの問題が出ており、難民排除の動きが加速しています。難民受け入れに厳しい日本、その内、世界から袋叩きに遇いかねませんね。難民問題、21世紀の最大の課題と言えますね。

参考:ウェブサイト:今日は何の日・記念日

posted by 三上和伸 at 08:18| 私の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする