2019年06月20日

新生き物大好き エゾフクロウヒナ可愛い! 2019.06.20

北海道阿寒の森で写された4羽のエゾフクロウのヒナ、3羽が身を寄せて並んでいる所に1羽が飛んで来る構図、何とも可愛らしいですね。フワフワの羽毛、もう縫いぐるみのようにマンガチックで可愛らしい姿でした。4羽とも巣立ったんですね。凄いです。猛禽類で一度に4羽、優秀な親に育てられたのですね。

タカ類はたとい2羽生まれたとしても、2羽が争い、1羽を殺し、1羽しか残らないそうです。親は残った1羽を育てる訳ですね。生まれながらにして生存競争をさせて強いモノだけを残す自然の仕組み、人間の私には納得できる仕組みでは無いですね。弱くても好い所が一杯あるのが生き物と言うもの、大事に育てたいですね。

参考:北海道新聞のコラム
posted by 三上和伸 at 20:26| 新・生き物大好き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする