2019年06月21日

鎌倉漫歩 明月院E 本堂(方丈)と悟りの窓 2019.06.05

明月院本堂(方丈)
方丈の扁額が掛かっているのが本堂、方丈とは代々の住職の執務室のこと。本来は一丈四方の部屋のことで、四畳半の広さの部屋を言います。時代を経るにしたがって段々広くなって行きましたが…

本堂とは、その寺の本尊が祀られている建物、ここのご本尊は、聖観世音菩薩です。ですから明月院は本堂と方丈が共有しているお寺ですね。質素な禅宗のお寺らしい佇まいです。

明月院悟りの窓
悟りの窓、夏椿が活けられています。
これが紫陽花と並んで有名な明月院の売りの代物です。ここからは裏庭が覗けます。前庭、裏庭、表裏一体となって、禅を極める悟りの部屋なのですね。その象徴がこの丸窓です。この窓を撮影するには長蛇の列を並ぶのです。待つ甲斐はあります。不思議な魅力があります。心が透き通るよう…。
posted by 三上和伸 at 20:08| 鎌倉漫歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする