2019年06月22日

鎌倉漫歩 明月院I 花菖蒲と岩煙草 2019.06.05

狭い谷戸を切り開いて敷地を得る、鎌倉の何処の寺でもそうした切り岸が存在します。土色の崖が見得ており、そこに苔や草が生え、岩煙草のような名花が咲き出します。花菖蒲や楓などは作り物ですが、その他の何でもない草の花は、自然に生えて咲き出す野生の花達です。

南面の山から清水が湧き出ており、それを引いてこの花菖蒲池が造られています。様々な品種が咲き競い、華やかな花園を形成しています。

春の枝垂桜に借景の山桜、初夏の躑躅に五月、梅雨の紫陽花に花菖蒲、岩煙草、夏の山百合に百日紅、秋の萩に彼岸花、晩秋の紅葉。

花菖蒲(6月初旬)と紅葉(12月初旬)の2回、この裏庭園に入れます。

posted by 三上和伸 at 13:44| 鎌倉漫歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする