2019年06月22日

鎌倉漫歩 鉢の木のランチ・入れ子膳 2019.06.05

明月院を出たところで丁度昼時、予めの決め事は無かったので、歩きながら決めました。と言っても道すがらの鉢の木を利用したのですがね。鎌倉に通いつつも、高級店には入った事が無く、少し逡巡しました。それでもこの後の予定は東慶寺だけでしたので、ややお高かかったのでしたが、都合の良い店選びとなりました。並んで2軒あるのですが、鉢の木新館に入店しました。本来、鉢の木は精進料理の店ですが、普通の懐石料理も出しています。私たちが頼んだ品も動物性蛋白が少々使われていました。

鎌倉ビール
鎌倉ビール
こちらもややお高いのですが、折角の鎌倉詣で、ビールも鎌倉の産を選びました。イケる口の妻が大半を飲み、私は一口頂きました。「😋美味しい…、香りが好いね」、濃色の香りの好いビールでした。

出された鎌倉ビールは、商品名が「月」、アルトタイプ(ドイツ・デュッセルドルフで発展したビール)で、アルコール分は6.0度でした。商品説明には、色は褐色、香りは上品、苦みを抑えたすっきりと端正な味わいだそうです。


鉢の木入れ子膳 穴子の天婦羅
品は「入れ子膳」   穴子の天ぷら
精進料理風ですが、チャンと海老や鯵、それに穴子が並んでいました。ご飯に吸い物、香の物に胡麻豆腐、左の鉢は主に煮物・焼き物、右の鉢には酢の物と揚げ物が入っていました。松花堂弁当の流れを汲んでいますね。上品ながら味わいの濃い、本物の日本料理でした。¥3,600 ★★★ ・入れ子=箱を重ねて組み入れるが本来の意味。この場合、料理で詰まった二つの鉢が入れ子を指すようです。弁当の重に見立てている。

妻が着ているブラウスは着物を解いて仕立てたもの。このブラウスが気になったのか、隣の席のご婦人が「貴方がたは明月院にいらっしゃいましたね。そのブラウスが目に焼き付いてしまったので、失礼ながら尋ねました」、「あらそうですか。こんな柄のブラウスを着ている人はいませんものね。これは着物を解いて私が作ったブラウスです」、「はぁ〜、そうですか。驚きました。ホント、素敵なブラウスなので、忘れられなくなりましたの」、新潟の女性で、観光で鎌倉に来ていらしたのだそうでした。暫し世間話が…。あの凄い明月院の雑踏の中、憶えているなんて、女性の衣類への興味は、半端ないですね。
posted by 三上和伸 at 20:10| 鎌倉漫歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする