2019年06月23日

鎌倉漫歩 東慶寺A 鐘楼と梵鐘 2019.06.05

東慶寺鐘楼 東慶寺梵鐘
鐘楼     梵鐘 
鐘楼は、円覚寺管長で後に東慶寺住職になった釈宗演(しゃくそうえん)禅師の居士(弟子のようなもの)の神津猛氏が寄進した材で建立されました。大正5年の事でした。一方梵鐘は古く、元弘2年(1332年)に作られたものだそうです。鐘楼の天井には雲竜の図があり、一度観てみる価値があります。山門を潜って直ぐ左側にあります。境内の美しい佇まいの中にあります。存在感があります。
posted by 三上和伸 at 21:23| 鎌倉漫歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする