2019年07月07日

私の歳時記 新旧七夕考 2019.07.07

今年の新暦の七夕は、降水量の多い最悪の七夕でした。今宵は五日目の月で、月回りとしては良かったのでしたがね。何ね、七夕伝説に色々ありまして、中でもメルヘンチックな説では、織姫が天の川を渡るには月の舟を用いるのだそうです。問題は、この時の月の形なのですね。満月🌕でも駄目ですし、新月🌑ではもっと駄目、下弦🌗では落っこちてしまいます。一番適当なのが、三日月🌒から上弦🌓の範囲が良いのですね。新暦ですと月に関係無い暦ですので、七夕の日が様々な月模様になってしまうのですね。反対に旧暦ですと七日に決まっていますので、大体上弦の半月🌓の範囲内になって丁度良いのです。ですから、晴れ間も多い旧暦の七夕で七夕を楽しみましょう。今年は8月7日(旧暦7月7日)です。
posted by 三上和伸 at 21:52| 私の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする