2019年07月09日

間奏曲 2100年、東京43.3℃、870hPa🌀襲来 2019.07.09

環境省が、このまま何の手当も出来ないまま過ぎれば、2100年の8月、東京は最高気温が43.3℃、中心気圧870hPaの巨大台風が襲来すると言うシュミレーションをしているそうです。何と東京の住民の15,000人が、一夏の熱中症で、死ぬそうです。

永谷園のお茶漬けノリ「チャッ、チャッ、チャッ」のCMで、可愛さ万倍の小島瑠璃子がお天気キャスターをやっている環境省動画があるそうで、そのコジルリが解説をしているそうです。

温暖化などしていないと言ったトランプ米大統領、それに媚びを売る安倍さん、もうこんな輩に世界のリーダーをさせておく場合ではなくなりました。今直ぐにでも自然再生エネルギーに変換しなければ、人間の未来はありません。2100年と言えば、我がNちゃんYちゃんRくんが後期高齢者になっている時代です。今こそ、人間が知恵を絞る時代に突入したのです。
posted by 三上和伸 at 21:15| 間奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする