2019年07月20日

私の歳時記 夏土用入り 2019.07.20

来月の8日が立秋です。その前の18日間を夏の土用と言うのですね。言わば、夏の終わりの夏の集大成を言うのです。従って立夏の前が春の土用、立冬の前が秋の土用、立春の前が冬の土用、最後の日を節分と言うのです。

夏の土用で有名な言葉(事柄)を列記してみましょう。
・土用鰻 夏負け無しの夏の土用の丑の日に食べる鰻
・土用三郎 夏の土用入りから3日目、この日快晴ならば豊年、雨なら凶年。
・土用殿 熱田神宮の御殿の一つ。草薙剣を奉安した。
・土用波 台風のうねり、夏の土用の頃に発生する。
・土用干し 夏の土用に、衣服や書物を干し黴・害虫から護る。
・土用餅 夏の土用についた餅。力餅。
・土曜休み 夏休み。陰暦水無月に芝居興業を休むこと。その隙に若手役者が安値興業をする。土用芝居、夏狂言
posted by 三上和伸 at 09:56| 私の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする