2019年07月22日

前奏曲 参院選投票率48.8%、戦後2番目の低さ 2019.07.22

投票率が50%に届かない参議院選挙、国民の政治丸投げの姿が観えています。有権者の二人に一人すら投票所に行かない、寂しい限りですね。せめて70%位あったならば、自民党・公明党の勝ちはなかったことでしょう。国民の諦めの心情が観て取れます。

それでも何とか改憲発議に必要な改憲賛成勢力の3分の2以上は防げました。極微数なので、どうなるかは予断を許さない現状ですが、憲法改正の目は、少し遠のいたようです。多くの詭弁(安倍さんの特技)の積み重ねが好戦(戦争)への道筋を決定してしまいます。ゾンビ(腐った生ける死体つまり戦争)を蘇らせないように眼力(がんりき・冷静な判断力)を着けましょう。
posted by 三上和伸 at 09:40| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする