2019年07月27日

私の歳時記 今日は土用の丑の日 2019.07.27

土用は主に夏の土用を指し、立秋の前18日間を言います。夏の終わりを意味しますが、気象はズレルので夏の盛りに当たり、土用とはその季節のクライマックスを言います。

夏に売れなかった鰻のかば焼きを売れるようにしたのが、平賀源内の宣伝コピー「本日土用丑の日」。「土用の丑の日はうの付く食べ物を摂ると精が付く」と鰻屋は平賀に教えられ、鰻の拡販に成功したのでした。それを観た江戸中の鰻屋が真似をして、土用の丑の日は鰻を食べるのが定番となったのでした。食べれば美味しい鰻、ある種のお墨付きを得られれば、一気に売れて行きます。源内がブームを創ったのです。そしてそれは単なるブームで無く、令和の末代まで続いています。
posted by 三上和伸 at 08:49| 私の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする