2019年07月29日

前奏曲 情熱大陸八村塁鮮烈 2019.07.29 

昨晩、何の気なしにTVチャンネルを回したら、情熱大陸が八村塁を特集していました。少年の頃から中学・高校までと、アメリカの大学での活躍や、現在の状況を隈なく紹介していました。それらを観る限り、取材の対応にも馴れて来ていて、好青年振りを発揮していました。

ワシントンの街に出た折、多くのファンに囲まれていたり、また驚くべき事に、傍にアフリカ系の大男がボディーガードとして付いていたのでした。何やら二人はにこやかに談笑をしており、正にNBAスターの仲間入りをしたかのような振る舞いが観えました。八村塁、素晴らしいサクセスストーリーを紡ぎ始めましたね。

最後に一番好きな街を聞かれ、八村は故郷の富山を挙げました。「高い山(立山・剣)と深い海(富山湾)が観られる富山は、滅多に無い街だと思います」と述べました。印象的な言葉でした。私には、氷見の浜から観た立山連峰の観光ポスターが目に浮かびました。
posted by 三上和伸 at 09:37| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする