2019年08月11日

新とっておきの花 盛夏H サルスベリ 2019.08.11 

サルスベリ(百日紅)
紅や白が一般的な花。6枚の花弁は縮れていて、フリル模様となっています。中国原産で、昔、宮廷(紫薇・シビ)に植えられていたようで、中国名ではその柴薇の名が使われています。また百日紅(ヒャクジツコウ)の名もあり、比較的花期が長いので、百日は現実離れですが、この名となりました。樹皮が規則的に剥がれる性質もあり、その滑る肌合いが、猿も滑る(本当は滑らない)のサルスベリ(猿滑)の名の起こりとなりました。紫薇、百日紅、猿滑、これらの名前が混ざって、さるすべりは百日紅と呼ばれ書かれるに至りました。

posted by 三上和伸 at 15:55| 新・とっておきの花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする