2019年08月17日

間奏曲 一日遅れの台風一過 2019.08.17

台風クローサも昨夜の内に温帯低気圧になり、粗知床・根室を抜け、オホーツク海へ出たようです。進路速度が遅く、関東でも中々台風一過が訪れなかったのですが、昨晩から良く晴れて、十六夜の月も観えました。今朝は沖縄を除き日本全国台風一過、横浜も美しい青空が溢れています。

青い空に陽光が映え、強く木々に降り注ぎ、桜木の葉も煌めいています。反対に地上は影が濃く映り、夏の最後の隆盛を表しているかのようです。木漏れ日の影が地上を映し、そこだけが冷気を帯びているようで、涼し気でした。

オミナエシ ベゴニア
オミナエシ      ベゴニア
秋の七草のオミナエシは陽光を受け黄金色に輝いていました。この時期ならではの花で、嫋やかながらナヨナヨせず、意志の強さを表していました。この直立の風情、素敵です。ベゴニアのピンクの微笑、優しさが好いですね。

posted by 三上和伸 at 10:58| 間奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする