2019年09月10日

間奏曲 Nちゃんの夏休み工作とYちゃん幼稚園の敬老おまねき会 2019.09.10

Nちゃんの夏休み工作作品
Nちゃんの夏休み工作・ペットショップ
詳しくは知りませんが、Nちゃんがママや家族みんなの力を借りて作った作品です。展示から戻って来て、お家に飾る事になりました。出来が良く、今日先ほど、大工さんのじいちゃんに褒められていました。学校は通常通りありまして、午後にNちゃんは帰って来ました。空かさず、宿題の算数の計算問題をやりました。採点は何と私ジイジがやりました。40問くらいありましたが、全部正解でした。時間も計るそうで、平均2分弱でやり終えているそうです。国語は教科書の朗読でした。朗読よりは寧ろ黙読が得意のNちゃんでしたが、澱み無く滑らかな朗読が部屋に響きました。私は文章の内容を質問したのですよ。タコさんが得意になって変えたのは何?「体の色」、ハマグリさんが強い力を持っているのは何?「足の力」。正しい答えが返って来ました。

Yちゃんは同じ組のみんなと講堂で待っていました。照れ屋で恥ずかしがり屋のYちゃんでしたが、私が手を振ると一瞬「ニッ」と笑って応えてくれました。ジジババたちは孫達に導かれて、Yちゃん教室に入りました。お笑い系のN子先生は滑稽な演技を振り撒き、皆を笑わせていました。笑い声が絶えない教室、Yちゃんは楽しいクラスに入ったのだなと感心し、嬉しく思いました。楽器遊びをしたり、ゴッツンコ遊びをしたり、お歌を歌ったり、楽しい半日を過ごしました。最後におまねき会メダルを4人のジジババの首に架けてくれました。その時のYちゃんの優しい笑顔、しっかりスマホに収めました。好い写り加減で、この写真も私の宝物になりました。

Nちゃんの少し後で、通園バスに乗ってYちゃんも帰って来ました。「楽しかったね」と4人に次々と言われ、至極ご満悦なYちゃん、オヤツの美味しそうなナシとモモをお口いっぱいに笑顔で頬張っていました。食い気もバリバリ!

夕方になり、一気に帰るじいちゃんばあちゃん、そしてジイジバアバ、何とこの後、Yちゃんは泣いたのですと。Kさんママが報告してくれました。「寂しくなっちゃったの…」。Yちゃんにとって、この日は主役の一日。嬉しさの充実感で、感動の涙が出たのですね。子供らしく人間的なYちゃん、ジイジは「大好きです」。 
posted by 三上和伸 at 21:46| 間奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする