2019年09月15日

鎌倉漫歩 十二所神社の兎の彫刻 2019.09.15

義母の敬老のお祝いを兼ねて食事をした峰本、その隣にあるのが十二所神社で、ここは朝比奈切通し峠越えの入り口でもあります。執権・北条泰時が開いた朝比奈切通しで、今の鎌倉霊園前のバス停・大刀洗の太刀は梶原景時の太刀で、頼朝に謀反を疑われた上総介広常を討ったものです。この地の水で太刀の血を洗った言い伝えがあります。

峰本の待ち時間に、私一人抜け出して、暫し十二所神社を探訪しました。

鎌倉・十二所神社 十二所神社鴨居の兎の彫刻 十二所神社の鎌倉石を掘った祠
十二所神社     本殿と鴨居の兎の彫刻  山の神(左)疱瘡神・宇佐八幡の石廟
前回の訪問の際は、本殿の兎の彫刻をお目に掛けなかったので、今回はシッカリウサギさんを撮影してきました。何故兎か?は調べてみましたが、判らず仕舞い、何れ何時か調べが付いたら、お知らせします。
posted by 三上和伸 at 22:31| 鎌倉漫歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする