2019年09月22日

新とっておきの花 中秋E ゲンノショウコ 2019.09.22

ゲンノショウコ
小さい花ですが、その存在感は確かにあります。高原の花・ハクサンフウロやアサマフウロなどの美花の仲間で、このゲンノショウコだけが低地の民家の直ぐ傍に生育しています。江戸時代より生薬として利用されており、下痢や腹痛に良く効くそうで、直ぐに良くなり結果が出る事から、”現の証拠”と名付けられました。属名は”ゲラニューム”で、テンジクアオイ(天竺葵)とは属が違います。

小さいけれど、中々美しい、私は大好きです。
posted by 三上和伸 at 11:15| 新・とっておきの花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする