2019年09月22日

新とっておきの花 中秋F ホトトギス 2019.09.22

ホトトギス
今年は、夏と秋の境がハッキリとしませんが、漸くホトトギスが咲き出し、秋の訪れが来たのだなと思い知る事が出来ました。鳥のホトトギスは初夏の風物詩ですが、草のホトトギスは秋を代表する花、鶏が先か卵が先か?の問題がありますが、どうやら、鳥のホトトギスが先のようです。ホトトギスの胸から腹にかけてある羽毛の斑点に、草のホトトギスの花弁にある斑点が似ている、そこに共通点を見出したからと言われています。

渋い紫の特異な花です。詫び寂びの日本の美意識に通じるものがあります。茶花や生け花に、好んで使われます。
posted by 三上和伸 at 11:36| 新・とっておきの花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする