2019年10月02日

新とっておきの花 晩秋B ゲンノショウコとヤマトシジミ 2019.10.02

お腹の薬になるゲンノショウコとシジミチョウの仲間のヤマトシジミ。小さな花に小さな蝶の訪問者、ゲンノショウコの蜜はどんなお味かな? 私は思わず「美味しい?」と尋ねていました。ヤマトシジミは青森県以南に生息するシジミチョウで、沖縄にもいます。親虫は主にカタバミと言う背の低い草に卵を産みます。それは幼虫の食草であるからです。カタバミがある所には、ヤマトシジミが必ず生息しています。今はカタバミの黄色い花が無いので、ゲンノショウコの蜜を頂いていますが、卵は必ずカタバミに産みます。

斑点の羅列が可愛い灰色に紫色が混じった複雑な色をした翅、自然の色とデザイン、好いですね。
posted by 三上和伸 at 14:08| 新・とっておきの花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする