2019年10月03日

前奏曲 カムチャッカ・シベルチ火山噴火 2019.10.3

昨日(10月2日)、ロシア・カムチャッカ半島のシベルチ火山(▲3300m)が爆発的噴火をしたそうです。噴煙は上空1万メートルに達したそうです。私もTBSエヌスタの森田気象予報士が衛星画像で指摘して判ったのですが、凄い噴煙(雲にような)が東に流れるのが確認されました。ロシアはアメリカ合衆国(アリューシャン列島とロッキー山脈)の次に位置する世界の活火山大国の第2位で、156山の活火山を抱えています。その殆どがカムチャッカ半島と千島列島にあります。

因みに日本は第4位でありまして、123山の活火山を有しています。1位から5位まではアメリカ・ロシア・インドネシア(大小スンダ列島、スラウェシ島など)・日本・チリ(アンデス山脈)であり、太平洋の周り巡る国々で、環太平洋火山帯(環太平洋造山帯)の中に納まります。世界の火山の約8割があります。
posted by 三上和伸 at 09:30| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする