2019年10月08日

新とっておきの花 晩秋D ススキ(尾花) 2019.10.08

ススキ(尾花) ススキの花
寒露の今日、短い散歩をしました。膝・足・腰の不調も癒え、秋の花を求めて歩きました。本当は、ワレモコウ・ツリガネニンジンが目当てでしたが、農道の脇の草場は刈り込まれ、影も形もありませんでした。それでも草藪にはススキやノコンギクなどが咲いており、それなりに楽しめたのでした。

ススキの花をマクロレンズ(右写真)で覗いてみました。

芒(のぎ)があり、白いブラシ状のものが雌しべであり、黄褐色の三つのぶら下がったものが雄しべです。風媒花ですので、蜜も香りも無いですが、チャンと花粉が風に乗り、ブラシ状の雌しべの先に到達します。
posted by 三上和伸 at 22:17| 新・とっておきの花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする