2019年10月11日

野の花 マルバルコウ 横浜市 2019.10.10

マルバルコウ
マルバルコウ(丸葉縷紅)ヒルガオ科ルコウソウ属
熱帯アメリカ原産の一年草。明治期に渡来し、初めは観賞用に栽培されていました。ところが、強い繁殖力があり、野に逃げ出し野生化しました。帰化植物です。名の縷(る)は、糸のように長いものを指します。当然、これは蔓草ですから、その蔓を糸のように長いとして縷としました。更に紅花を咲かせることから縷紅草、そして葉が丸いので、丸葉縷紅になりました。されど、紅と言うよりは朱ですね。小さいけれど、美しい朱色の花を咲かせます。

同属の仲間に、葉が羽状になった観葉紛いの葉を持つ草に、縷紅草があります。
posted by 三上和伸 at 15:36| 野の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする