2019年10月19日

東京漫歩 桟敷席 ピエール=オーギュスト・ルノワール 2019.10.11

桟敷席 ピエール=オーギュスト・ルノワール
桟敷席とは劇場の左右の階上にある特別席(ボックスシート)の事で、セレブが使う客席です。そこに席を占めた男女、着飾って得意満面ですが、何やら目線は舞台とは方向が違うようです。そうです、ここは男女の社交の場です。恋人同士でもありながら、お互いが好い男、好い女を目を皿のようにして見つけ出しています。女は客席全体の男の視線を意識しています。男は男で、オペラグラスを方々に向けて好い女を探しています。そんなパリの社交界の様子を描いたのが、ルノワールの桟敷席だと言う事です。ふくよかな女(モデル・ニニ・ロペス)の匂い立つ肌は、ルノワール独自のもの、魅力的です。
posted by 三上和伸 at 16:00| 東京漫歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする