2019年10月18日

私の歳時記 正月の稲のしめ飾り 2019.10.18

正月の稲のしめ飾り 自家製稲のもみ
先日の🌀ハギビス襲来の前日に刈り取っておいた稲、それを正月のしめ飾りに作りました。妻の力作です。勿論、稲束を締め上げるのに、私の力も使いました。妻が言うには、今年の稲は出来損ないだそうで、少し背丈が短かったそうです。それでも立派にお飾りは出来ました。右写真は今年出来た籾(もみ、穂から扱いたまでの脱穀しない米、もみごめ)です。これを来年の初夏に苗床に蒔きます。妻は、元米作農家のじいちゃんに教えを請うて、稲作の秘策を手にしたそうです。それは…、深いバケツを使い、肥料も適切にし、根を沢山張らす事だそうです。根を十分に張らす事が出来れば、背の高い実なりの良い稲になるそうです。
posted by 三上和伸 at 20:52| 私の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする