2019年10月24日

私の歳時記 今日は霜降、並びに天女の日 2019.10.24

二十四節気は月に2回ありまして、全部で24あるから二十四節気。今日は立春から数えて18番目の霜降です。秋の終わり、北国や内陸部では霜の降りる頃、紅葉の真っ盛りでもあります。昨日のナッチャンメールにも紅葉の那須が写されていました。紅葉は、強い降霜ですと色が変化し、みすぼらしくなります。紅葉狩りは霜との競争となります。正に霜降は晩秋の頃の節気、富士も冠雪がありました。我が町も富士の観える展望の丘?があります。私はその付近で、車の中から初冠雪の富士を観ました。

10{天}24{ニョ・女}で、今日は天女の日だそうです。日本には各地で羽衣伝説が残されています。一番一般的で誰でも知っているのが、七夕の織姫ですね。水浴びに来た天女の羽衣を隠したことから恋が始まり、天の川を挟んで、壮大な恋物語を編んだのですね。水浴びしている裸の織姫、ロマンティック且つエロティックですね。好いですね美女伝説は…。
posted by 三上和伸 at 08:47| 私の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする