2019年11月02日

前奏曲 10月雨量3倍 ☁ 最低気温:14.0℃ 2019.11.02

東海・関東・東北の10月の雨量が例年の3倍となったそうです。この水分は何処から来たのか? そう太平洋ですね。幾つもの巨大台風、連続的に発生する理由は、海の表層温度だけでなく、海の中層温度も高くなっているからなのだそうです。ですから、台風の暴風で海を掻き混ぜても、中層温度が高いために、表層の海水温が下がらないのだそうです。そこで巨大台風が頻発するようになったのです。来年以降の自衛の術を考えませんとイケません。国や自治体の防災強化も必要ですが、住民が自分の命を守る、その意識が必須となりましたね。
posted by 三上和伸 at 08:32| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする