2019年11月07日

東京漫歩 音楽のある展覧会行って来ました 2019.10.07

音楽のある展覧会のポスター
写真はヨハネス・ブラームス
東京港区六本木にある「ホテルオークラ東京別館アスコットホール」にて催されたウィーン楽友協会アルヒーフ(アーカイブに同じ)展、「19世紀末のウィーンと日本」と題した音楽のある展覧会へ行って来ました。

ウィーン(オーストリア)と日本、ウィーン万博(1873年)により深まったオーストリアと日本のお付き合いが、多くの資料で開陳されていました。そしてウィーン楽友協会の資料からのウィーンの楽聖達の自筆稿などの展示、ブラームスが残した多くの遺稿や遺産が紹介されていました。ブラームスが如何に日本に興味を持っていたか、改めて知る事となりました。
posted by 三上和伸 at 22:23| 東京漫歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする