2019年11月21日

月に寄す 旧暦神無月の廿五 有明の月とシリウス 2019.11.21

明日以降、天気予報が芳しくないので、有明の月の撮影を早め、今朝の明け方に撮りました。一般には毎月(旧暦)の26日が有明の月とされていますが、好いでしょう。本来の有明の月は、十六夜以降の夜明けの月を申すもので、十六夜から晦までの月を言うものです。
有明の月 2019.11.21 05:23 2019.11.21 05:37 有明の月 2019.11.21 06:22 
05:23の月      05:42の月      06:22の月 夜明けの月・有明の月
夜明け前は全くお椀型をして、寝ていた月ですが、一時間の間に、一気に立ちましたね。右の写真の夜明け後の月が有明の月と言われます。後は26日の晦の月(つごもりのつき、旧暦30日、新月の前日)ですが、天気が?、早起きする価値があるでしょうか?  
シリウス
沈む前のシリウスがとれました。明け方になると冬の星座は西に傾き、春の星座が昇って来ます。東空にはしし座のレグルスがいました。

posted by 三上和伸 at 06:22| 月に寄す | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする