2019年11月27日

新生き物大好き シロナガスクジラの心拍数 2019.11.27

地球最大の動物・シロナガスクジラの心拍数が最遅(最も遅くて)で2回/分だそうです。ロイター通信によるネット版に出ていました。これはオキアミ(プランクトンの一種、一日に4トンのオキアミを捕食)を捕食するため、海中に沈み込む時の心拍数。海面に浮き上がる時は、これより速く、心拍数が37回/分だったそうです。人間の平均が80回/分であるので、想像を絶する遅さですね。因みに世界最小の動物の心拍数は、1分間に数千回だそうで、小さい生き物程、心拍数が高いのですね。

シロナガスクジラは、偶蹄目の哺乳類で、牛や馬と同目の動物なのですね。最大体長が34mのものまで記録に残っているそうで、体重は200トンに迫るそうです。レッドリストのEN(近い将来に野生での絶滅の危険性が高いもの)に当て嵌まります。何とか生き延びて欲しいですね。最大の天敵が人間でした。
posted by 三上和伸 at 21:53| 新・生き物大好き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする