2019年12月03日

音楽夜話 三上夏子・熊田恵、バロックダンスを踊る(2019.11.30) 2019.12.03


先日の11月30日に行われた団地音楽祭、腕利きのバロックアンサンブルを迎えて、二人はバロックダンスを踊りました。バロックダンスとは17世紀から18世紀の中盤まで踊られた舞踏で、彼のルイ14世のルイ王朝の宮廷で盛んとなり、進化を遂げました。現代にもその踊り方の方法やステップ、振付の文献が残っており、近年とみに、その復元が盛んとなっています。三上夏子も熊田恵も音楽を生業としている身、その生業の一つとしてバロックダンスの研究に勤しんでいます。拙い我が写真でありますが、バロックダンスのホンの入り口として、知って頂けたらと思います。  参考:ウィキペディア事典

リュリ作曲 オペラ「バレ・デ・セゾン」から 振付のタイトル:パヴァーヌ・デ・セゾン
・ジャン・バティスト・リュリ(イタリア・フィレンツェ)
ルイ14世時代の宮廷楽師、フランス盛期バロック音楽の作曲家。ルイ14世の威光を背景に、フランス貴族社会に権勢を奮ったそうです。

・パヴァ−ヌは結婚行進曲でも使われる、威厳に満ちた舞曲、孔雀の舞のようにゆっくりと踊ります。 参考:熊田恵氏の知見

DSCF3496.JPG DSCF3499.JPG DSCF3501.JPG

DSCF3502.JPG DSCF3503.JPG DSCF3505.JPG

DSCF3506.JPG DSCF3507.JPG DSCF3509.JPG

DSCF3510.JPG DSCF3511.JPG DSCF3512.JPG



DSCF3520.JPG DSCF3521.JPG DSCF3522.JPG

DSCF3523.JPG
posted by 三上和伸 at 21:42| 音楽夜話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする