2019年12月10日

音楽夜話 ピアノを習う事は、アンチエイジングに役立つ 2019.12.10

私も常日頃考えていた事なのですが、音楽演奏科学者の古屋晉一さんのご意見が素晴らしいので、ここで紹介します。

脳は音楽を感じるように出来ているそうで、音楽を習う事は、脳と心を育てる役目を果たすそうです。

胎児の内に音楽を聴かせると、胎児はそれを憶えるそうで、生後、その赤ちゃんに、胎児の頃に聴かせた同じ音楽の一部を少し変えて聴かせると、その変えたフレーズにくると、明らかに違和感を覚えている事が察知できるそうです。胎児も赤ちゃんも凄いのです。音楽の能力に溢れているのです。

ピアノ(音楽)を習い、身に付いた音楽の能力と指の器用さは、歳を重ねても、脳の中に残っているそうです。依って、音楽は、アンチエイジングの役に立つそうです。

因みにその能力は外国語のリスニングにも役に立つそうです。音楽で培った敏感な耳は、外国語など御茶の子さいさいだそうです。
posted by 三上和伸 at 21:27| 音楽夜話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする