2020年01月04日

東京漫歩 両国駅、食事とアミューズメント、国技館 2019.12.31

串かつ・でんがな両国店 両国駅中の土俵
我が家を午後6時に出発、第3京浜国道→目黒通り→桜田通り→昭和通り→江戸通り→京葉道路で、両国まで行きました。この歳になると、夜間の首都高は怖くて走れません。今回はシッカリ妻がナビゲーションをしてくれまして、午後7時半に、難なく両国まで辿り着けました。

駐車場に車を言入れ、国技館へ向かう前に食事をしようと適当に、串かつ・でんがな両国店へ入店しました。関西風の串かつ(串揚げ)、幾つ食べても腹に靠れませんが、安価でもあり、結構イケました。何時もの国技館前のステーキ屋に未練がありましたが、節約を旨とした妻の選り好みでした。

両国の駅中はアミューズメント施設となっており、食堂が幾つか連ねていました。そして広場には本格の土俵があり、相撲の町・両国の観光促進に、寄与していました。

両国国技館 国技館煙草テラスからのJR両国駅 両国国技館内部
国技館正面      喫煙テラスからの両国駅 上から吊り屋根、モニター、土俵 
国技館、これで4度目ですかね。何時来ても、その偉容に惚れ惚れ致します。本当に巨大な建造物です。収容人数11,098人、凄いですね。それでも”さだカウントダウンコンサート”は、ほぼ満席になります。これが毎年続いているのです。さだファン、その熱心さに驚愕させられます。おじさん4割、おばさん6割の男女比、老若では、80%が中年(60代)以降のオジサンオバサン属です。
posted by 三上和伸 at 22:24| 東京漫歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする