2020年01月06日

私の歳時記 戸部杉山神社・初詣 2020.01.01

我が家の年末年始は強行軍です。前日の大晦日に両国国技館に行き、さだまさしカウントダウンコンサートを楽しみます。カウントダウン後はそのまま会場に残って、2時半まで、NHK・なまさだを鑑賞します。午前3時に国技館を後にし、午前4時過ぎに我が家へ。風呂に入って5時から10時まで就寝(5時間弱の睡眠)。起き出して、10時半には中華街・萬珍楼へ向かい出発します。2時に中華街を出て、戸部の義母の家へ行き、直ぐに戸部杉山神社へ向かい、初詣を果たします。
戸部杉山神社・鳥居と社殿
杉山神社鳥居と奥に本殿。この神社、狛犬ならぬ”回る狛鼠”があり、鼠年の本年は人気が爆発して長蛇の列。田舎の氏神なのに、参拝に1時間も掛かりました。

茅の輪くぐり  
茅の輪くぐり。本来は6月の晦日に行われる儀式で、大祓(夏越祭)の一環として行われてきました。旧暦では、夏の土用辺りに行われる風習で、夏を無事に超えられた感謝と無病息災を願う意味を籠めて、この茅の輪くぐりをしたのでした。現代では、年の瀬大祓にも行う神社が増えてきたそうで、杉山神社もそんな神社の走りと言えます。

戸部杉山神社・社殿と大銀杏
杉山神社には、数本ですが、大銀杏の並木があります。素晴らしく黄葉しますが、今は葉も散って無く、裸の大銀杏です。しかし私はこの裸の枝振りに感動を覚えます。静かな佇まい、冬でも樹木の偉大さが感じられます。
posted by 三上和伸 at 21:26| 私の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする