2020年01月11日

間奏曲 ウクライナ航空機撃墜、イラン誤射認める 2020.01.11

ウクライナ航空機事故、全員死亡、これはアメリカ軍の報復を恐れるイラン軍のミサイル誤射に依るものと、イラン政府が認めました。英雄と呼ばれるイラン・ソレイマニ司令官がアメリカ軍に爆殺された事に端を発しており、アメリカ・トランプ大統領の責任は重大です。北朝鮮とも決裂、イランとも対峙、こんな大統領では国力(経済力)は増えても、世界平和、温暖化対策では、出来の悪い大統領としか言えないでしょう。早く代わるべきです。ノーベル平和賞なんて夢のまた夢…。地球生物を食い物にし、窮地に追い遣る大統領…
posted by 三上和伸 at 21:58| 間奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする