2020年01月24日

前奏曲 寒中なれど寒さ緩む、可笑しい? 2020.01.24

昨日は最低気温:4.9℃、最高気温:8.9℃で寒かったのですが、今朝の最低気温:8.5℃は異常なほど高いですね。今年は冬型が続かない可笑しな気候です。雪国やスキー場でも、雪が少なく、観光や冬季スポーツの施設は死活問題で、苦慮しているようです。海流や気流が以前と異なる不規則な変動を繰り返しているようです。地球温暖化、愈々末期的症状を呈して来ていますね。どうするのだ?未来を? 人類の種としての生命寿命は3億年と言われています。でももう直ぐ、その臆の寿命も尽きる日が近づいているようです。温暖化を放置していれば、哺乳類は生きて行けなくなります。人間の産業を180度転換させなくてはなりません。そして少子化が絶対条件です。そうすれば、未来は観えて来ます。
posted by 三上和伸 at 09:30| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする