2020年02月18日

月に寄す 旧暦睦月の廿五 有明の月 2020.02.18

旧暦睦月の廿五 有明の月 2020.02.18
旧暦睦月の廿五・有明の月(07:46)
満月以降、月が沈むのは、早朝となります。朝に太陽の西に観えている月を有明の月と呼ぶのです。今の時期(旧暦の廿五)になると、増々太陽に近くなり、陽が高くなれば、眩しくて見難くなります。それでも読んで字の如し「有明(夜明け)の月」なのです。有明の月は真っ白な月です。

今朝は青空の下、南東の空に観えました。

posted by 三上和伸 at 08:18| 月に寄す | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする