2020年03月22日

新とっておきの花 桜三種 2020.03.20

山桜         染井吉野       大島桜
三溪園の至る所に、ピンクや白の桜が咲いていました。新品種の桜は見分けが付きませんが、古来よりある桜には目利きがあるので、紹介します。

今が盛りの、自生種の山桜、自生ではありませんが、天然種の大島桜、園芸種の染井吉野、この三種の桜が目立っていました。山桜や大島桜はほぼ満開、染井吉野は咲き出して間の無い三分咲き位ですかね。それぞれの美しさで、咲き競っていました。

*山桜
関東以南の山地に自生する野生の桜。サクランボが出来て、主に、このサクランボのタネから実生して育ちます。野には接ぎ木や挿し木、取り木などの人口繁殖株はありません。花色や葉色に、紅の濃淡があり、山では白い株、薄紅の株などが混在しており、美しい春色のグラデーションが観られます。花と同時に葉も広げます。

*染井吉野
東京の染井村で作られた人工繁殖の桜、全てがクローンなので、色の変化が無く、花期が統一されて咲きます。群植されても、同じ色で同じ時間(時期)に揃って咲きます。美しい桜の傑作で、桜と言えば、この花を指します。

*大島桜
染井吉野の片親で、園芸種の親の役目を担う事が多い桜です。伊豆七島に多く観られ、葉は黄緑、花は大輪の白、ほぼ同時に出ます。江戸彼岸桜同様に長命であり、最も立派に咲きます。 
posted by 三上和伸 at 16:35| 新・とっておきの花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする