2020年04月04日

新とっておきの花・春G 雑草と呼ばないで 2020.04.04

何処までが草で、何処からが雑草なのか? 私には解りませんが、それは人に依って違いますね。嫌な言い方になりますが、一部の人は、お金になるかならないかで、決めるそうです。野草を山野草などと言って商売している人が沢山居ますが、大抵は悪趣味な植物愛好者ですね。美しさに優劣はありますが、それぞれに個性を持っていて、どんな草でも魅力的です。

ヒメオドリコソウ ナズナ オオイヌノフグリ
ヒメオドリコソウ   ナズナ(ペンペングサ) オオイヌノフグリ 

カラスノエンドウ ムラサキケマン
 カラスノエンドウ   ムラサキケマン

色鮮やかなのがオオイヌノフグリとカラスノエンドウ、ナズナは実成が面白いですし、ヒメオドリコソウは踊り子の花笠が素敵です。ムラサキケマンは渋い紫が粋ですね。
posted by 三上和伸 at 21:20| 新・とっておきの花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする