2020年04月08日

間奏曲 麒麟がくる第12話@、熙子、好い女振り 2020.04.08

第12話は、見所が多かったですね。注目の場面は、光秀が狩りに行き、逸れて(はぐれて)妻木の庄の煕子に会う場面。偶然か必然か、光秀だけが知る逢瀬でした。美しい田園で向き合う二人、熙子は屋敷に誘うのですが、光秀は帰り支度、居た堪れず(いたたまれず)熙子は、光秀を送ろうとします。二人で畦道を歩きながら、ふと二人は立ち止まります。光秀は不意に、「私の嫁になりませんか?」とプロポーズ、嬉しさを堪えて(こらえて)微かに微笑む熙子、美しい瞬間でした。「返答は急がずに…」と光秀が引き下がりますが、答えは決まっていました。熙子・木村文乃の柔らかい微笑、清楚にして艶やか、好い女振りでした。


posted by 三上和伸 at 20:05| 間奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする