2020年04月15日

新とっておきの花・春㉑ 昼飯前の散歩 オオデマリ・シラン・シラー 2020.0415

オオデマリ(大手毬) シラン(紫蘭)    シラー
快晴の空、風も弱く、絶好の散歩日和でした。コロナ禍で、人に会わぬ生活をしようとすれば、一日中、家に籠る事、しかし、それでは体力が衰えるだけですので、遣る事は一つ、人が通らない田舎道の散歩でした。ですから、今日のような天気は最高の贈り物、有り難く、小一時間、歩きました。

*オオデマリ
テマリバナの別名があります。スイカズラ科の落葉低木です。原種はヤブデマリで、日本原産です。ヤブデマリは花の中心部は両性花で、周辺に装飾花が着きます。シンプルで美しい花です。オオデマリは両性花が全て装飾花に変異したもので、手毬の名はこのオオデマリに適うものと想います。この株は、まだ完全に咲き切っていません。緑色ですよね。完全に咲き切った時には、純白となります。

*シラン
野生蘭ですが、栽培が盛んで、野生・栽培の区別が付き難い植物です。極めて丈夫で、一度植えれば、先ず絶やす事はありません。稀に自生が認められます。

*シラー
ユーラシアやアフリカに原種があるようです。釣鐘型の花で、日本のツリガネニンジンに良く似ています。されどツリガネニンジンはキキョウ科、このシラーはヒヤシンス科です。愛らしい花で、青紫が良く目立ちます。

posted by 三上和伸 at 20:10| 新・とっておきの花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする