2020年04月18日

間奏曲 浅見光彦(水谷豊)シリーズ・鮎川いずみ美しい 2020.04.18

コロナ禍で新作が作れないテレビドラマ界、再放送が目白押しですが、素晴らしい作品がありました。先ほどは「仁」を観て、感動の涙を流しましたが、夜は夜で、水谷豊・浅見光彦の佐渡の推理ドラマで、謎解きに興味をそそられました。中でもヒロインを演じた鮎川いずみ(34歳女の設定)の美しさが際立ち、ウットリと酔い痴れて仕舞いました。鮎川は必殺仕事人で、主題歌まで歌った看板女優でした。浅見シリーズは、現代劇でしたので、ワンピース姿で登場していました。1951年生まれで現在69歳ですが、34歳の鮎川は引き締まったスレンダーな体形で、ホント、好い女でした。抜群のワンピース姿でした。光彦・鮎川、本当に好き合っていまして、今にも光彦からプロポーズの言葉が飛び出しそうでした。鮎川もモジモジ待っていました。でもそれでは続編が続きません。惜しいですね?
posted by 三上和伸 at 21:29| 間奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする