2020年04月20日

間奏曲 「仁」・野風の「アッカンベー」 2020.04.20

何やら竜馬と仁が遊郭の部屋でドタバタしていると、野風は呆れて、思わず自らの右下瞼をめくって「アッカンベー」、それを観た仁は後日野風に海藻などを贈りました。「花魁(野風)は、目眩(めまい)や立ち眩みがありませんか?、花魁は貧血であろうから、海藻などを食べるとよろしい、目の下瞼の裏が真っ白でしたから…」との伝言でした。他の医者に診せたが、判らなかった野風の持病・貧血、一瞬で野風の習慣病を言い当てた仁、そこから野風の仁に対する信頼と好意が生まれたのでした。
posted by 三上和伸 at 15:05| 間奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする