2020年05月05日

私の歳時記 今日は端午の節句 2020.05.05

端午(たんご)は五節句の一つ。旧暦では5月は午の月、その最初(端)の午の日を端午と言い、沖縄や中国語圏では、端午の節句を旧暦の5月5日に行います。我々大方の日本人は新暦に移し替えて、今日の新暦5月5日に行われます。

子供を祝うこどもの日ですが、取り分け男の子を祝う特別な日であり、鯉幟を揚げ、甲冑を飾り、男としての成長を願う日でもあるのです。武士の子なればきっと、武運を誓う日でもあったのです。現代なれば、何を誓うのか?、男子、頑張れ!

端午の節句は、菖蒲の節句とも言われます。古では、菖蒲を髪飾りにしたそうで、粋なお洒落があったそうです。現代ではお風呂に入れて、菖蒲湯にします。この菖蒲はアヤメでは無く、サトイモ科のショウブを言います。強い芳香があり、端午の節句のしょうぶ湯は、現代でも初夏の風物詩として生き残っています。

目出度い祝いの日ですが、その始まりの中国唐では、魔除けの意味も込められていました。目出度さと魔除け、欲求と災難、叶えて避ける、それは神さまに願い出るよりしょうがなかったのでした。

posted by 三上和伸 at 14:45| 私の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする