2020年05月07日

新とっておきの花・初夏P 散歩道の花 2020.05.07

今朝からチョイと腰が痛くて、昼飯前の散歩は休んだのですが、何とか痛みも引いてきており、夕方、短い距離を歩くつもりです。今までの散歩道で出会った花々、可哀想に、掲載漏れしていた花達を紙面に揚げさせて頂きます。

カラー
カラー 
サトイモ科の多年草、南アフリカ原産の美しい花です。サトイモ科特有の花で、苞に包まれた肉穂花序が付き、これが花です。ミズバショウやウラシマソウに近いですね。

花期は初夏で、これは咲き出したばかりの花でしょう。別称は”オランダカイウ”と言います。花言葉は”華麗なる美”。

シャクヤク
シャクヤク(芍薬)
ボタン科の多年草、牡丹は木ですが、この芍薬は草です。中国東北部の原産で、紅・白・黄色があり、大輪重弁の美花です。この根を乾燥させたものが漢方生薬の芍薬で、鎮痙・鎮痛の薬として用いられます。シャクヤクエキスなどと宣伝していますよね。花言葉は”はじらい”、”謙遜”です。はにかみ屋の妖精がこの花に逃げ込んだら、この花がほんのり赤みを帯びたのだそう…、イギリスの民話です。

ローズ(オレンジ)
ローズ
バラ科バラ属の園芸品種です。大輪で多弁の種が多く、世界中で最も愛されている花の一つです。確かに美しい、されどくどい、これが私のローズに対する印象です。元々、私は多弁の花が苦手です。美しい幾何学模様のシルエットを残すのが美的真理です。私は、ハマナスのような一重の薔薇を愛します。

posted by 三上和伸 at 14:38| 新・とっておきの花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする