2020年05月07日

新とっておきの花・初夏Q 散歩道の草花 2020.05.07

ムラサキカタバミ
ムラサキカタバミ
南アメリカ原産の多年草、観賞用に植えられた株が、鱗茎の分球に依り増えて、野生化したものです。勿論栽培した株も庭に見受けられます。結実はしないそうで、もっぱら鱗茎の分球に依って増えたものです。従って、庭から這い出して路傍で咲く株や、人の手で移植された株に、限られるそうです。野生化と言えども、人の傍にある花なのです。

ゲンペイギク
ゲンペイギク(源平菊)
白と赤が混じっている菊、この色に依って、ゲンペイギクと呼ばれました。源氏が白、平家が赤、その訳は、当時は平家が官軍で源氏が賊軍でした。故に官軍だった平家が赤の旗印と決まっていました。

デイジーとクリサンセマム
デイジー(紫)とクリサンセマム(白)
散歩コースは、時に閑静な住宅街の道もあります。駐車場主体の簡単な庭もありますが、作り込んだ素晴らしい花の庭園もあります。ここの家は特別です。趣味もここまで凝れば立派なものです。私がこの庭を初めて観たのが、かれこれ40年前、その昔から変わらない熱心な庭造りをされているお宅です。お見事です。

チェリーセージ
チェリーセージ
一時ほどのブームは去りましたが、やはりイングリッシュガーデン風の庭にはハーブが欠かせません。チェリーセージ、この赤が堪りません。
posted by 三上和伸 at 19:53| 新・とっておきの花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする