2020年05月23日

終曲 エンターテナー、NちゃんYちゃん 2020.05.23

コロナ禍で簡単に会えなくなっている三孫ですが、時々動画メールで、ジジババに楽しみを与えてくれます。先日はYちゃんが得意のピアノで演奏をしてくれました。曲目は「屋根より高い鯉幟」で、ピアノに合わせてNちゃんも参加して、弾き語りをしてくれました。

先程は、Nちゃんが本を読んでくれました。題名は「だんごをたべたおつきさま」でした。十五夜の晩、森の動物がみんなで十五個のだんごを作りました。テーブルへ運ぶ途中、だんごが一個コロコロコロッと転がって池に入ってしまったそうです。池に映っていたお月様は大喜び…、だんごを食べちゃいました。団子を飾ってみると一個足りません。みんながお空を観ると、お月様はすまし顔、でもお口の隅に餡子がチョッピリ、あっお月様が食べたんだ。

月が池の水面に映っている、これは昔ながらの月見の定番、何気なく子供の絵本に、その風流を示しています。好い絵本ですね。

今は初夏、Nちゃんが何で秋の十五夜のお月様のお話を読んだか? 気になりますね。ナッチャン先生曰く、「今、月に纏わるピアノ曲を弾いているんだ」そう…。なるほどね…
posted by 三上和伸 at 21:44| 終曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする