2020年06月05日

私の歳時記 今日は芒種 世界環境デー 2020.06.05

芒種の芒(ぼう)とは、穀物の籾(もみ)の先端にある細毛のことを意味します。イネやムギにもあり、音読みで”ボウ”、訓読みで”のぎ”と發音します。この芒のある穀物(主に米)のタネを蒔く時期(田植えの時期)が梅雨入り前の頃で、二十四節気で芒種となりました。田植えの時期を知らせるための二十四節気の一つです。

環境の日(世界環境デー)。由来は、1972年6月5日にストックホルムで開かれた「国連人間環境会議」を記念して、国連で世界環境デーとして制定されました。世界の様々な出来事を観ても、今や環境問題が最大の課題だと想われています。コロナにしてもそうで、地球温暖化と環境破壊が大きな影響を及ぼしています。独り善がりの欲望を満足させる意味で、環境破壊がまかり通っています。未来につけを回す事になります。大切な未来の環境を守りましょう。未来の孫子に好い環境を残しましょう。私達は未来に責任があるのです。
posted by 三上和伸 at 19:40| 私の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする