2020年06月05日

間奏曲 麒麟がくる20話B 信長27歳・義元41歳・元康(家康)18歳 2020.06.05

愈々西暦1560年の桶狭間の戦いが始まります。本能寺の変が1582年ですから、その22年前の出来事です。信長・義元・元康の三者の思惑が入り乱れて、そこに光秀が何らかの影響を及ぼします。桶狭間で義元が油断した事、信長はそこを上手く突き、義元を敗死させました。その裏に元康の裏切りがあったのか、光秀の策略が功を奏したのか、全ては第21話の放送で判りますが、興味を惹かれるところですね。ここから20年で信長は日本を掌握します。しかし光秀の謀反に遇い最後の仕上げは頓挫するのですが…。
posted by 三上和伸 at 22:39| 間奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする