2020年06月07日

間奏曲 「愛していると言ってくれ」 2020.06.07

今まで、常盤貴子の「愛していると言ってくれ」を観ていました。このドラマの主なモチーフは嫉妬ですね。古より嫉妬は人間の大きな性癖、多くの芸術作品でも、嫉妬は扱われています。常盤は元より幼い?矢田までが嫉妬を上手に演じていました。男の嫉妬は見苦しいですが、若い女性の嫉妬は可愛らしい、ホント観ていてキューンとしますね。常盤の決死の演技・優しい容姿・官能の眼差し・ふくよかな肉付き、もう男が惚れ惚れとしてしまう女優です。「こんな彼女が欲しかった」、これを観た男の全てが妄想してしまいます。正に煌めいていました。貴子、ブラボー!
posted by 三上和伸 at 17:45| 間奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする